2005年10月27日

地域で一番の意味は?

 サービスや商品を提供するにあたって今、一番むずかしいのは、誰にでも受け入れられるものを作ることではないでしょうか。

 提供する側は、確かに誰にでも喜んで貰いたいと考えてしまいがちです。幅広いターゲットを捕まえているサービスや商品もあります。例えば、カップヌードル。例えば、ディズニーランド。しかし、一方で誰もが通い詰める飲食店は???あるのでしょうか。ファミレスが厳しい状況に陥っていることは皆さんご存じと思います。

 行列ができるラーメン店は誰もが受け入れる味でしょうか?家系ラーメンはその典型だと思います。はまってしまう人は通い詰め、嫌いな人は二度と行かない。(ちなみに私は大好き、家内は大嫌いだそうで)
続きを読む
posted by トップランナー at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月13日

20%をいかに大切にできるかが鍵

 「パレートの法則」って、ん???どこかで聞いたことありますよね。優良顧客は顧客全体の20%に過ぎないが、企業の売上げの80%を占めると言われている、あれです。

 確かにスーパーマーケットなどを見ていても、安売り・目玉商品だけを沢山買う人、安売り・目玉商品だけを少し買う人、安売り商品、通常商品を余り気にしないで少量買っていく人、安売り商品、通常商品を余り気にしないで沢山買う人の4種類に顧客は分かれているようです。そのうち安売り商品、通常商品を余り気にしないで沢山買う人が、全顧客の20%でもスーパーの利益の80%をつくっているということでしょう。
続きを読む
posted by トップランナー at 11:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月12日

儲けるということについて その2

 基本的には「儲ける」ということには二通りのアプローチしかないのではないでしょうか。少ない顧客でも高価格で高い利益を上げられれば良いと思います。反対に価格が安くても顧客を多く集め継続して薄く広く利益をあげられるなら、それも良いと思います。
続きを読む
posted by トップランナー at 06:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月11日

儲けるということについて

 サロンにとって一番大切なことは?当然ですが、「儲かること」ですよね。だからこそ、このブログも「めざせ儲かる美容室づくり」と名付け「儲かる」ための道を示そう、「儲かる」ことを支援するブログを目指そうとしています。

 強調したいのは、サロンが望んでいることは「顧客を連れてきて欲しい」のではなく「儲けさせて欲しい」ということの筈!だというです。
続きを読む
posted by トップランナー at 21:27| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月09日

目標は何ですか?

 当たり前のことを書きます。でも、もう一度目標を見つめ直して欲しいのです。

 我々は誰もが思ってしまうのですが、よそを出し抜きたい。よそに負けたくないって。
でも、なぜよその店と競争しなければならないのでしょう。ほとんどのサロンが実は競争相手ではありません。競争相手は、そんなに沢山はいないのです。

 地域の人々を対象にしている小売店やサロン、理容室、お医者さん、飲食店などは地域で一番になるよう頑張れば良いのではありませんか。目標は「地域一番店」ではないでしょうか。
続きを読む
posted by トップランナー at 19:20| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。