2005年10月03日

集客したい!ということについて

 皆さんが一番アタマを悩ましていること。それは「集客したい!」ということではないでしょうか?とにかくお客さんに来て欲しい。どうすれば新しいお客さんが来てくれるか?その為なら何だってする覚悟だ。という経営者の方々も、多いことと思います。

 でも・・・もう判っている!とおっしゃっているのが聞こえそうですが、改めて確認させて下さい。

 幾らお客様がワンサカいらしても、一定の時間にこなせる人数は限られていますものね。
幾ら待っていただいたとしても一日にこなせる人数は限られていますものね。

 つまり経営するサロンに必要なお客様は一体どのような方で、どのくらい来ていただければ良いのか。まず、そこを押さえることからもう一度考えようということなのです。
posted by トップランナー at 10:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 集客 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

サロン
Excerpt: サロンサロン(仏:Salon)とは、もともと応接室などの部屋を意味する言葉である。#応接間、談話室など。フランス語で宮廷や貴族の邸宅を舞台にした社交界をサロンと呼んだ。主人が、文化人、学者、作家らを招..
Weblog: 小説の詳説ページ
Tracked: 2005-10-07 02:47
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。