2006年01月17日

異業種に学ぶ その9 ダイビングショップ編 おまけ編

 上位客向けのダイビングショップは、個別アプローチが有効です。

 上位客は、皆と同じ広告では、納得しません。しかし値段を安くしなくても来ていただける方たちです。

 何もしないと年5回来店の人がもう1回来店してもらうようにし、且つ、お友達も連れてきてもらえればベストです。それには、個人名で手紙を書くのが一番。『野田様いつも本当にありがとうございます。本日は、野田様の大好きな沈没船の新しい情報が入りましたので連絡させていただきました。発見されたばかりで、まだ知られていません。仲の良い方をお誘いの上、お越し下さい。いつもは、ゆっくりお相手できませんが、その日は、野田様のために一日空けております。特別の○○料理も用意する予定です。是非、ご連絡下さい。お待ちしております』などのように、その人特別にプログラムしたものを用意するのがコツです。

 美容室にどうアレンジして生かすか。ヒントは一杯あります。
posted by トップランナー at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 店舗運営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11872271

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。