2006年01月09日

異業種に学ぶ その7 ダイビングショップ編 中編

 新規客向けのダイビングショップは、安心感をPRすることが大切になります。

 新規にお客様を獲得したいのであれば、初めてでも自店が安心してご利用できることをアピールしなければなりません。

 それには、インストラクターを売り込むのが効果的。「熱帯魚のことなら誰にも負けません。」「一緒に熱帯魚を見に行きましょう」などと一人一人コメントを書き、その人に対してのお客様のコメントもあると尚良いです。

 「野田さんは、帰りの車の中で、魚にまつわる物語を話してくれました。とっても楽しい話が聞けて、楽しい思い出となりました。野田さんありがとう」など、直筆であれば完璧です。
posted by トップランナー at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 店舗運営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11872151

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。